ロイヤルハワイアンのホテル内撮影スポットを館内マップと写真付きで紹介

ホテル内撮影スポット第二弾です。

今回は、「太平洋のピンクパレス」こと ザ ロイヤルハワイアン ラグジュアリーコレクションリゾートワイキキ(以下ロイヤルハワイアン)の ホテル内撮影スポットを紹介します。
IMG_1523.JPG
私達はハレクラニで撮影したので、今回紹介する撮影スポットは 「ロイヤルハワイアン ウェディング」で画像検索して出てくる写真が撮影された場所になります。

スポンサーリンク


まず、撮影スポットをロイヤルハワイアンのマップに示すとこんな感じです。
ロイヤルハワイアン撮影スポット.jpg

1)から順に解説していきます。

1) 入り口(ココナッツグローブ側)
IMG_1522.JPG
ロイヤルハワイアンショッピングセンターから歩いてロイヤルハワイアンに向かうとこの入り口に辿り着きます。
ロイヤルハワイアンって感じですね。
ココナッツグローブでは芝生上での撮影もできます。
車寄せのある逆側の入り口もこちら側とは建物の形が変わってて、 良い感じですよ(写真撮り忘れたけど)。

2) ヒストリックウィングエレベーター前
IMG_1998.JPG
ヒストリックウィングエレベーター前にハワイの地図が飾ってあり、 ここで撮影している人が多いです。
ロイヤルハワイアンって書いてますから、記念写真にも良いですね。

3) 階段
IMG_1996.JPG
メインロビーを海側に向かって歩いて行くと、 左手にひっそりと階段があります。

4) 廊下(Breezeway)
IMG_1997.JPG
この廊下はブリーズウェイって名前らしいです。
赤丸の地点から奥側を撮ると、柱沿いに飾られている花が写って良い感じです。

5)メインロビーから外を臨む
IMG_2001.JPG
メインロビーから海を見ると、 逆光で建物の曲線のシルエットが美しい絵が撮れます。

6)ロビー(lower lobby)
IMG_1999.JPG
豪華な印象の広いロビーです。

ロイヤルハワイアンは外壁ピンク、内壁ホワイト、芝生や南国植物といったグリーンもありと、 同じホテル内撮影の写真でも雰囲気が異なる仕上がりにすることができます。
同じような色合いの写真が続くとアルバムにした時見飽きやすいので、 場所ごとに背景の色が変わるロイヤルハワイアンは、 個人的にかなりオススメなホテルになります。

ただ、ロイヤルハワイアンをホテル内撮影に使用する場合、 注意しておかなければいけないことがあります。
それは、敷地使用料が発生するケースがあるということです。

ハレクラニやモアナサーフライダーは、1泊でも宿泊していれば 敷地使用料は発生しませんが、 ロイヤルハワイアンは4泊以上もしくはロイヤルハワイアンで挙式かレセプションを催さない場合、 敷地使用料が発生します。

・現行の条件
a) 4泊以上 敷地使用料:無料
b) ロイヤルハワイアンで挙式かレセプションを催す 敷地使用料:無料
c) 3泊以内 敷地使用料:500$(税抜)
d) 宿泊無し 敷地使用料:1000$(税抜)

敷地使用料の条件は、現地主導で予告なしに変更される可能性があるので、 実際の撮影前にP会社やホテルにご確認くださいね。

以上、ロイヤルハワイアンのホテル内撮影スポットについてでした。

【関連記事】