ハワイ挙式本番の詳細な流れについて。~キャルバリーバイザシー教会13:00挙式開始の場合~

ハワイ挙式本番の流れについてです。
キャルバリーバイザシー教会で13:00挙式開始の場合、

12:30 教会到着・リハ開始
13:00 挙式開始
14:00 教会出発

くらいしか知らされないので、挙式で具体的に何をするのか不明な状態で現地まで行くことになります。
そして現地ではリハーサルを一回だけ通しでやりますが、
そのあとすぐ本番なので動きを覚えられないうちに始まって終わります。

もちろん覚えてなくても、牧師さんやアテンドさんが
次に行う動きの指示をしてくれるので大きな問題はないのですが、
次何するんだっけ?とか考えてると顔に出ます。
そしてその顔が写真に残ります。

今回はキャルバリーバイザシー教会で13:00挙式開始の場合の挙式の流れを詳細に説明します。
挙式の流れを把握し、余裕をもって本番に臨みましょう。
日本で練習していくのもいいですね。

スポンサーリンク

・挙式詳細タイムテーブル
教会に着いてからの動線は下の図のような感じです。
教会.jpg
12:25 キャルバリーバイザシー教会到着
参列者は新郎新婦よりも先に到着済み。
定番のリムジンから降りるシーンなどを撮影します。

12:29 教会の中に入り、紙に新郎新婦の名前を書く(受付表?)
小さな紙に漢字とローマ字で新郎新婦の名前を書かされます。
その後一度も出てこなかったので、受付表でしょうか。
奥さんの名前の漢字書けますか?

12:30~12:40 リハーサル
式の流れを通しでリハ―サルします。
誓いの言葉は途中で省略されました。
リハーサル時は参列者の写真撮影が可能なので、ガンガン撮ってもらってください。

12:55 新郎新婦単独orツーショットでの写真撮影
本番の前にThis is 結婚式といった写真を撮影します。
私はここでリハーサルでやった動きを忘れました。

13:00~ 挙式開始(長いので箇条書きにします)
1) 新婦は新婦父と階段上に、新郎は階段下でスタンバイ

2) 新婦と新婦父が一緒に階段を降りてくる

3) 階段下まで降りたら、新婦はその場でステイ。新婦父は新郎と向かい合わせになる位置に移動し一礼

4) 新郎が新婦横に移動し、牧師さんの待つ祭壇前まで歩く
歩くのが遅いとオルガン奏者によるBGMが終わってしまいます。
私たちは歩くのが遅かったので、最後の一音がやたら長かったです(笑

5) 祭壇に到着したら牧師さんがしゃべるので立ったまま聞く。牧師さんの話が終わったら牧師さんにブーケを渡す。
ブーケは自分たちから見て祭壇右、リングピローは祭壇左に置かれてました。

6) 新婦手袋を外して牧師さんに渡す。新郎も手袋を渡す。

7) 新郎新婦向かい合い、手を取り合う。誓いの言葉。
牧師さんの言葉(日本語)を復唱します。
カタコトの日本語につられないように気を付けてください。
私はつられました…

8) 指輪の交換
新郎から新婦へ。その後新婦から新郎へ。
指毛が気になる人は処理しておいてください。
写真だと結構目立ちます。
私?もちろん未処理です。

9) 祭壇前にひざまずき、牧師さんの説教を受ける
このタイミングでシンガーさんが歌を歌っていました。

10) 説教が終わったら立ち上がり、新婦のブーケを上げて誓いのキス
ブーケを上げた後、新郎のタキシードの腕の部分がずり上がり、
シャツの袖が見えてしまって格好悪いので、さりげなく直しましょう。

誓いのキスの時に顔を左右どちらに傾けるかについてですが、
カメラマンさんから新婦の顔が見えるようにしてください。
そうしないと誓いのキスの写真なのに新郎の頭しか見えないなんてことになります。

11) 退場
階段上まで移動し、振り返って一礼。
新郎は右回り、新婦は左回りで振り返ってください。

12) 祭壇横まで移動し結婚証明書にサインする。
新郎新婦の後新郎父母、新婦父母の順にサイン。
サインをローマ字にするか漢字にするか話しておきましょう。
私たちは話していなかったので、新郎新婦がローマ字なのに
両家父母が漢字というちぐはぐな感じになってしましました。

13) 最後に新郎新婦、牧師さん、シンガーさん、オルガン伴奏者さんで記念撮影

13:20 挙式終了
お疲れさまでした。
この後は写真撮影タイムなので笑顔でいましょう。

13:20-13:40 外で家族集合写真など撮影
祭壇裏から外に出れます。
親族や友人と集合写真を撮影します。全員の集合写真もここで撮りました。
海にも出れますが、砂浜が黒っぽくて綺麗に写らないので、
カメラマンさんはお勧めしないと言っていました。

撮影後は教会横の小道を通って教会入り口まで移動。
新郎がブーケを持って先導するように前を歩き、
新婦が後ろを歩くと雰囲気の良い写真が撮れるらしいのですが、
我々は新婦ドレスが小枝や壁に引っ掛かるので中止。
ふわっとしたドレスだとひっかかります。

この時教会内では次のカップルがリハーサルしてましたが、
アテンドさんたちがうまく誘導してくれたので現地ではまったく気付かなかったです。

13:45 フラワーシャワー
参列者の方にお願いしてフラワーシャワーの花はなるべく高く投げるようにしてもらってください。
花びらの空気抵抗で思っているよりも高く上がらないらしいです。
高く投げないと塊の花びらがふってきます…

フラワーシャワーの後にリムジン前で何枚か写真を撮ってから
教会入り口左側にある控室で新婦ヘアセットチェンジ。
アップスタイルから髪をおろしてハクレイ装着スタイルへ。
ビーチ撮影するためにリムジンでカハラビーチへ移動。

14:00 教会出発

キャルバリーバイザシー教会での挙式の詳細な流れは以上になります。

【関連記事】


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック